紅葉の寺 法輪山覚苑寺<下関市>当山は下関の城下町長府にある黄檗宗のお寺です。紅葉の隠れた名所でもあります。

覚苑寺
ブログ
[最近の記事]

2016/08/26

本日、下関市立美術館にて開催中の升本猛メルヘンの詩原画展に行って参りました。 升本先生とは長年親しく……続きを読む

ブログ記事一覧

ようこそ 法輪山 覚苑寺へ!

紅葉
覚苑寺ホームページをご覧頂き有難うございます。
当山は下関市、城下町長府にある黄檗宗寺院です。
下関市はこれまで多くの歴史の表舞台に登場してきましたが、特に長府は、古くは長門の国の国府がおかれた土地で、当山は古代の貨幣・和同開珎を鋳造したとされる場所の跡地に創建されています。
長府は近世以降は、長府毛利家の治める城下町として発展しましたが、幕末には、動乱の渦に巻き込まれることとなります。
色々な歴史を経験してきた当山も、普段はひっそりとしたたたずまいを見せていますが、秋には、紅葉であたり一面真っ赤に染まり、多くの紅葉狩りのお客様で賑わいます。
また、今年11月には下関歴史博物館のオープンも予定されています。ぜひ下関長府へご来訪いただきますようお待ちしております。

境内の紅葉

覚苑寺

観音石仏

紅葉に染まる境内

銀杏のじゅうたん

銀杏の木

このページの先頭に戻る